税金(全般)

税金(全般)
【源泉所得税】納期の特例の注意点はなんですか?

納期の特例適用時の納付 申請書を提出して不備がなければ、翌月分から適用されます。 納期の特例取りやめ時の納付 取りやめ時も申請をしますが、申請した当月分より毎月納付に切り替わります。 納期の特例が適用できるのは給与・賞与 […]

続きを読む
税金(全般)
【源泉所得税】納付期限はいつでしょうか?

原則:支払った月の翌月10日までに納付します。 例外:従業員が常時10人未満の場合で税務署へ申請することで、半年に1回まとめて納付することが可能です。通称「納期の特例」といいます。 (1~6月分→7/10まで、7~12月 […]

続きを読む
税金(全般)
【源泉所得税】どのような取引が対象でしょうか?

給与・賞与・退職金、配当、主に個人に対する原稿料等の報酬・料金、非居住者への賃貸料など様々な取引が対象となります。 本来徴収すべき取引について納付漏れがあった場合、不納付加算税(不納付のよるペナルティ)と延滞税(納付期限 […]

続きを読む
税金(全般)
【源泉所得税】誰が支払うのでしょうか?

会社や個人が、人を雇って給与を支払ったり、税理士、弁護士、司法書士などに報酬を支払ったりする場合には源泉徴収義務があります。 ただし、下記の場合は、例外として源泉徴収が不要となります。 ・常時2人以下のお手伝いさんなどの […]

続きを読む
税金(全般)
源泉所得税とはなんでしょうか?

給与、報酬などの特定の所得の支払者が、その所得の支払をする際に、所定の方法により所得税額を計算し、支払金額からその所得税額を差し引いて国に納付する制度を、「源泉徴収制度」といいます。(引用元:国税庁 源泉所得税) ざっく […]

続きを読む