こんにちは!ひとり経営者専門コンサルタント/税理士の門脇です。

最近記帳指導をさせて頂く機会があり、最初に気を付けるポイントをまとめてみました。

1.税務署への届出を忘れない

「開業届出」もそうですが、「青色申告承認申請書」の提出忘れに注意です。

提出期限は原則事業開始の日から2月以内となります。

青色申告の特典の一つ、10万円又は55万円(65万円)の控除を受けたい場合は期限内の提出が必須です。

開業時の届出(個人事業主編)

こんにちは。 神戸の税理士 門脇頼介です。 開業時に提出する税務関連の届出について重要度別にまとめました。 目次税務署への届出提出後の確認投稿者プロフィール最新の…

2.事業用の銀行口座とクレジットカードを新規開設する

個人事業主の場合、事業とプライベートの入金・出金が混在すると
度々どちら用の取引か判断しないといけなくなり、また会計入力作業が増え時間のロスです。

新規に事業用の銀行口座とクレジットカードを開設し運用することをオススメします。

銀行口座は入金用と出金用2つあれば便利です。
私の場合は、事務所近くの信金で入金用、ネット銀行で出金用口座を開設し運用しています。

3.請求書、領収書等の保管方法を決める

請求書、領収書等については5年保存しなければなりません。

参考:国税庁|記帳や帳簿等保存・青色申告

明確に決まっている保存方法はないので、ご自身が管理しやすい保管で大丈夫です。

オススメは下記のファイルフォルダーを活用することです。

1年に1冊使用し、1~12月まで各月毎に請求書、領収、レシート等を保管します。

そんなに書類の量が多くなければ、こちらで十分と考えられます。

※ここでは説明を割愛させていただきますが、電子帳簿保存法に則りペーパーレスで運用することも可能です。

4.会計ソフトを決める

入力作業にあたっては会計ソフトの導入が不可欠です。
(エクセル等を活用し、自作するのは至難の業です。)

大きくデスクトップ型クラウド型に分類されます。
アバウトですが、まとめると下記になります。

デスクトップ型クラウド型
使用方法PCに直接インストールして使用ネットで接続して使用
入力方法全て自身で仕訳入力銀行、クレジットカード等の明細は自動取込可
一般的な料金体系一括で支払(バージョンアップしたい場合に追加課金)継続的に支払(月額/年額)
弥生会計マネーフォワード、freee

個人的な話ですが、私はマネーフォワードが好きです。

特に会計知識がある人にとっては馴染みやすく、銀行口座等の連携等により
スムーズに処理が進められています。

また経費精算、請求書の発行、請求書等の電子保存、電子契約など経理に付随した業務についても
サービス提供されているので、一気通貫で連携して完結できるのが魅力です。

まとめ

経理の導入編として4つのポイントをご紹介させて頂きました。

いざ開業して自分で経理を始めたが、税理士に依頼するほどでもないかな・・・
と思っている方がいらっしゃったら、記帳指導の申込をするのも一つの手です。

もしかしたら私が担当させて頂く機会あるかもしれません笑

Follow me!

投稿者プロフィール

門脇頼介
門脇頼介
ひとり経営者専門コンサルタント/税理士 門脇頼介
関西学院大学商学部卒。
かどわき会計事務所代表。1990年生まれ、神戸在住。

無職のまま大学を卒業してしまう。就職に苦戦し何とか入社した税理士事務所でも、全く戦力にならず途方に暮れる。

積極的に手を挙げることで徐々に仕事が出来るようになる。また税理士試験も順調に合格することができ、お客様に感謝される機会も増え社会人として充実する。

怒号が響く、所長の機嫌に右往左往する職場環境に嫌気がさし転職するが、転職先でも採算が合わない、相性の合わない顧客との対応に苦慮する。また急速な拡大を目指す組織では従業員の退職が相次ぎ、職場環境が悪化するのを目の当たりにし、違和感を覚える。

その後独立開業する。組織のしがらみに囚われない、規模の拡大を目指さないが、仕事もプライベートも充実させる生き方を目指している。ひとり経営者の支援に特化しており、日々奔走中